ウォーターサーバーの耐用年数と減価償却計算

ウォーターサーバーの耐用年数と減価償却計算
HOME >> ウォーターサーバーの耐用年数と減価償却計算

ウォーターサーバーの耐用年数と減価償却計算

会社用、事務所用としてウォーターサーバーを購入する場合、サーバーの耐用年数が何年か、また資産計上した場合の減価償却年数が何年かというのはどうしても知っておきたいところ。

そのあたりを実際にメーカーに問い合わせてみたのですが、そもそも資産計上するかしないかというのは税法上の取り決めがあるので税務署等に確認する必要があるのですが、ウォーターサーバーの購入金額が10万円を超えない限りは、資産計上せずに消耗品として計上するようです。(つまり、資産計上しない場合は、減価償却を考慮せず当年度に一括で経費として計上します。)

逆に、購入金額が10万円を超える場合は資産計上し、減価償却期間は7年で処理するとのことでした。

耐用年数といっても、将来にわたりどのくらいの期間使用し続けけられるかとは別です。それはウォーターサーバー購入後の手入れ・メンテナンスをどれだけしっかりやったかということにも関係してくるので一概には言えませんが、使用可能期間としては厳しく見て5年ぐらいで考えていたほうが良いのではないでしょうか。

ちなみに、ウォーターサーバーを販売しているクリスタルクリアウォーターズでは、2年に1回の定期メンテナンス(フルメンテ)を実施(1回あたり6,300円)していますので、長く続けられ、比較長持ちすると言われています。

このクリスタルクリアウォーターズは、とてもおしゃれなウォーターサーバーで色も選択できるようになったため非常に人気が出てきました。

この会社はレンタルサーバーも用意していますので、用途に応じて選択されると良いと思います。ちなみにレンタルのほうは、お試しキャンペーンを実施中です。

無料レンタルの会社

現在作成中

Q&A

現在作成中

レンタル会社

現在作成中

※関連ワード:ウォターサーバー、ウオーターサーバー

運営者情報免責事項等サイトマップリンク集

Copyright (C) はじめてのウォーターサーバー!比較してお得に<無料レンタル>しよう All Rights Reserved.